Stagebook MAGAGINE

舞台・演劇情報「Stagebook MAGAGINE」

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

劇団SUTTHINEE(スットハイニー)旗揚げ公演! 『サンドイッチの作り方』 

2018年12月19日(水)から12月24日(月)、パルスタジオ(東京・板橋区)において劇団SUTTHINEE(スットハイニー)の旗揚げ公演『サンドイッチの作り方』が上演される。この作品は2015年に初演された荒木太朗のオリジナル作品で、2度目の上演となる。

今回主演を務める西園みすずさん、助演の八島諒さんに話を伺うことができた。2人の対談と、脇を固める後藤紗亜弥さん、阿部大地さん、浅倉一男さんが語ってくれた公演への意気込みも併せて紹介する。

西園みすずさん、八島諒さん 対談にて

―― 今回お二人は恋人同士の設定ですけど、どういう風に演じていこうと思っていますか?

八島:僕の役はすごくお茶目なんです。僕も結構お茶目なほうなので「普段と変わらなくないか?」と思ってます。

西園:(爆笑)安心しました!

―― 西園さんは彼女として八島さんを応援する役どころですが……?

西園:私は普段グループで活動をしていますが、みんながわーって盛り上がっていると、それを遠巻きに見ながら一緒に楽しむタイプなんです。今回も八島さんが演じる役を遠くから見て応援する役なので、普段どおりの私でできるかもしれませんね。

―― 旗揚げ公演の主演と助演のお二人ですが、どういうコンビネーションでやっていこうと思っていますか?

西園:普段活動しているグループの中で私はリーダーなんですが、上手にまわりに甘えるということを身に付けたので(笑)、それを最大限使いたいと思っています。

八島:(爆笑)。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

―― やっぱりグループでやっていると気は楽ですか?

西園:楽ですね。今回は一人ですがプレッシャーを感じていても仕方がないので、頼れるところは皆さんに頼って、自分ができるところは精一杯頑張ろうと思います。

八島:そのスタンス、僕も全く一緒です。主演と助演がまわりに甘えちゃうという……(笑)。

西園:じゃあ、ダメじゃん!(笑)。

八島:いや、いい感じの化学反応があるんじゃないですか!

西園:もちろんやるべきところはしっかりやりますよ!

八島:今回の舞台は西園さんも僕も、共演者に知っている人が何人かいらっしゃるので心強いです。でも自分ができるところは120%の力を出して頑張っていきます。

―― ドタバタコメディーで修羅場のシーンもあるそうですが、お二人の修羅場はあるんですか?

西園:修羅場っぽいシーンはあまりないですね。

八島:僕の役が女性の心を分かっていないところがあるので、怒らせてしまうシーンはありますけど、激しく言い合うことはないですね。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

―― 最後に作品の見どころをお願いします。

西園:嫌な人が出てこないというのが、今回の話のポイントなんです。ちょっと問題のある人たちはたくさん出てきますが、みんな愛くるしい感じなので、愛される作品になったらいいなと思います。ホカホカした感じがクリスマスっぽいですよね?

八島:確かにクリスマスっぽい! 本当にこの時期にぴったりの作品で笑いもあり、心も暖まるお話だと思っています。お客さんに観に来てよかったなと思ってもらえるような、ホクホクした心で岐路についていただける作品にしたいと思います。そのためにも良い作品作りに励んでいきます!

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

西園みすずさんインタビュー

―― 旗揚げ公演に主演が決まったお気持ちはいかがですか?

2018年は多くの舞台をやらせていただいて、いろいろな座長を見てきました。皆さんとてもしっかりされているので、いざ自分が座長をすることになって最初は不安がありました。でも共演する方々と話をするうちに不安はなくなり、今は楽しみな気持ちが大きくなりました。責任を持ってやらせていただこうと思っています。

―― コメディーはやられたことがありますか?

前回のコメディーでは、ちょっと天然でボーっとした子を演じました。今回はどちらかというと、しっかり者でみんなをまとめていく役なので、また違う雰囲気になりますね。

今回の役は誰かが楽しそうにしているのを見て笑っていることが好きなので、そこは自分と似ていると思います。でも全部の状況を把握して的確な行動をとることは私自身は苦手なので、そこは違いますね。

―― 実際に料理をするシーンがあるかも……とのことですが、料理は好きですか?

めっちゃ好きです! 自分が作った料理をインスタグラムにアップしています。得意料理はカレーで、スパイスから作るんですよ。

料理のシーンをどうするのか今のところ分からないですが、公演のタイトルが『サンドイッチの作り方』なので、観に来る方たちも「もしかして食べられるのかも?」って思うみたいですね。

―― 実は私もそう思いました(笑)

やっぱりそうなんですね!(笑)。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

―― 作品の見どころはいかがですか?

キャラの強い人たちがいろいろ出てくるので、それを楽しんでほしいなと思います。私が観に行く側だったらそちらが楽しいだろうと思います。

だいたい物語って、中盤や後半に悪者が出てくるじゃないですか。でも今回は嫌われ者が一人もいないです。ただ問題が多い人ばかりなのですが……(笑)。でも憎めず、愛すべきキャラクターばかりです。

―― 今回の公演に対する意気込みをお願いします。

12月24日までの公演ですが、出演されるキャストの皆さんにとって、おそらく今年最後の作品になると思います。みんなで一つになって面白いものを作りたいと思っています。座長として盛り上げていきます!

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

八島諒さんインタビュー

―― 旗揚げ公演に出演が決まったお気持ちはいかがですか?

旗揚げ公演に出演させていただくのは初めてなので、とても光栄に思います。やっぱり1回目は「祝」って感じじゃないですか。気合が入ります。

―― 西園さんの印象はどうですか?

実は先日、僕が出演していた舞台に西園さんが来て下さって初めてご挨拶したんですが、本当に素敵な方だなと思いました。「初めまして」の時って、緊張するじゃないですか。でもニコっとしてくれたので、とてもホッとしましたし、楽しみになりました。

それとさっき知ったんですけど、実は同い年なので、そういうところも楽しみです。

―― 今回の役どころは、主演の西園さんの恋人役ですね。どう演じていきたいですか?

ヒロインの彼って結構な大役だと思っています。台本を一通り読ませていただきましたが、僕自身に似ていると感じるところがチラホラありますので、役と上手くマッチしていい感じで皆さんに印象を残せたらいいなと思っています。

あとコメディーが大好きで、演じていてすごく楽しいんですよ。お客さんの笑い声が聞けると思うだけでめちゃくちゃうれしいですね。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

―― 今回の作品の見どころは何ですか?

料理にメッセージを込めるという素敵な作品です。言葉じゃなくて料理に込める、そして出演する各キャラクターがいろいろな思いを持って料理に思いを込めて、それを伝えたい相手に食べさせるんです。

思いが伝わらないもどかしさや伝わった時のハッピーな感じが暖かいなあと思ったので、その暖かさがお客さんに伝わり、心が暖かくなって帰っていただけたらいいなと思います。

―― 今回の公演に対する意気込みをお願いします。

今回の作品は再演でもあります。再演するからには初演よりもより良くするんだという気持ちで取り組んでいきたいと思っています。コメディーなので、笑いのしかけを初演の時よりも増やすとか、そういったことに取り組んでいけたらと思っています。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

後藤紗亜弥さんインタビュー

―― 今回旗揚げ公演に出演が決まったお気持ちをお聞かせください。

9歳でダンスと歌でこの世界に入り、そこからお芝居がすごく好きになりました。今年はミュージカルの舞台が多く、ストレートプレイの舞台が少なかったので、2018年の最後にストレートプレイで、なおかつコメディー作品に参加できてとてもうれしいです。個人的にコメディーが大好きなんですよ。

―― コメディー大好きだということは、演じる上での難しさはあまり感じていないですか?

あまり考えたことがないですね。私は趣味が映画鑑賞なんですけど、笑うと疲れが取れますから、観るものはほとんどコメディーなんです。今回、この作品を観に来て下さるお客様に「疲れが取れた」と思っていただけるようなものが届けられたらと思っています。

―― どんな役どころですか?

料理教室に通う生徒の一人なんですけど、幼馴染の男の子がいて、その男の子とのやり取りがあるんですけど、自分の気持ちに素直になれない、強がってしまう女の子なんです。

―― 素直じゃないというのは、ご自身にないところだと思いますが、いかがですか?

いや、すごく共感する部分があります。思いがある人に対して、なかなか素直になれなくて、逆の感情を相手に伝えてしまうんだなと台本を読んで思ったんです。

こういう感情を持っている女性って結構いるんじゃないかなと思います。本当に思っている人に対してそのまま自分の感情を言える人は少ないと思うので、そういう部分が共感できます。

―― 料理教室が舞台ですが、普段から料理はされますか?

料理は好きです。料理好きで手作りにこだわる母から、からあげや生姜焼きを教えてもらっています。普段ユニット活動をやっているんですけど、ファンミーティングで手料理をふるまったことがあるのですが、ファンの皆さんがとても喜んで下さいました。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

―― 今回の公演に対する意気込みをお願いします

今回の作品は会話劇なので、映画を観ているような感覚で同じ空間にお客様も一体となって入り込めるような時間を届けたいです。

私は普段笑うことが本当に大好きで、自分が笑うことで人を笑顔にしたいし、皆さんにいっぱい笑ってもらって、平成最後のクリスマスに最高の時間を届けられたらなと思っています。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

阿部大地さんインタビュー

―― 今回旗揚げ公演に出演が決まったお気持ちをお聞かせください。

僕自身、旗揚げ公演に参加するのは初めてで、最初は「僕でいいのかな?」と思って不安もあったんですけど、選んでいただいたからには全力でやろうと思っています。

―― 今回はどういう役どころですか?

由規という役なんですが、アタックされた人に対して、どういう反応をしていいのか分からず、気づかないふりをしてしまうことがあると思うんですよ。好きな人に嫌味を言っちゃったりもしますし。

―― どんなふうに演じていきたいですか?

これまでやらせていただいた役とは全然違うので、ちょっと大人っぽく演じたいです。でも好きな人に対しては何が何でもいくぞ! という熱いところも見せていきたいです。

―― ご自身と重なるところはありますか?

自分の想像の斜め上をいく役ですね。気持ちは分かるけど、僕ならこういう発想まで行きつかない。半面羨ましいなと思うところもあります。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

―― 今回の公演に対する意気込みをお願いします。

僕はコメディーが好きなので、今からワクワクしています。今まで教えていただいたものすべてを出すことができるように頑張っていきたいと思っています。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

浅倉一男さんインタビュー

―― 今回旗揚げ公演に出演が決まったお気持ちをお聞かせください。

記念すべき第1回ということですが、この劇団がどうなっていくのか、最初ですからお客さんにインパクトを残したいので、微力ながら頑張ってやろうと思っています。

―― 今回妻の尻に敷かれる役ですが、どういうふうに演じていこうと思っていますか?

やってみないことには分からないですけど、例えば妻とのバトルがあったとしても、妻に愛くるしさを感じながら演じたいです。そこは恋人同士のけんかではないという、夫婦ならではのけんかにしていったほうがいいのかなと思っています。

セリフの中にも妻の尻に敷かれていることが分かるようなものも出てくるので、そういう雰囲気は端々に出していきたいですね。でも僕自身は結婚したことがないし、女性と一緒に暮らしたことがないので、難しいですね。

―― 難しいと感じるところで、何か工夫をしたいと思っていますか?

稽古では、妻役の柴田さんの近くの席に座ろうかなと(笑)。他愛もない話から始めていきたいですね。まだお会いしていないのですが、写真を拝見したらものすごく素敵で優しそうな方なので、今回は自由奔放に演じても役として成り立つのかなと思っています。実際にお会いして、柴田さんの声のトーンからも演じ方をどうするか決めていきたいと思います。

SUTTHINEE-サンドイッチの作り方-西園みすず、八島諒

―― 今回の公演に対する意気込みをお願いします。

みんな和気あいあいとやっているので、役者だけでなく裏方さんも一緒になって、同じ作品を同じ方向性を向いてやっていきたいと思います。めちゃくちゃ笑かせますよ!

まだ稽古に入っていないのに、出演者同志楽しそうに話をしている姿が垣間見られた。とても暖かい雰囲気の現場だったので、良い作品になるのではないかと期待値が高まった。クリスマスの時期に心暖まるコメディー作品でホッコリ気分を味わってみるのもいいかもしれない。

取材・文:吉永 麻桔

公演名:劇団SUTTHINEE(スットハイニー)旗揚げ公演 『サンドイッチの作り方』

作・演出:荒木太朗

出演:西園みすず
八島諒
後藤紗亜弥 阿部大地 網代将悟 柴田時江
柚木美咲 青木俊輔 柴田遙加
布施郁奈 文稀 宮本圭介
浅倉一男

企画・主宰:劇団SUTTHINEE(スットハイニー)

公演日程:2018年12月19日(水)~12月24日(月)

劇場:バルスタジオ(東京都板橋区高島平8-15-10 パレット高島平B2)

チケット:前売り 5000円 当日 5500円
プレミアムシート 6500円(オリジナル特典付)
(全席指定・税込)

チケット取り扱い
◎Confetti
http://confetti-web.com/sutthinee
TEL:0120-240-540
(受付時間:平日10時~18時)