Stagebook MAGAGINE

舞台・演劇情報「Stagebook MAGAGINE」

convoyshow-one

今村ねずみ、後藤健流インタビュー! THE CONVOY SHOW vol.36 『ONE!』への意気込みを語る

「走り出したら止まらない」を合言葉に、さまざまなエンターテインメントショーを30年以上続けているTHE CONVOY。vol.36となる『ONE!』が、2018年12月14日(金)から12月17日(月)にかけてTBS 赤坂ACTシアターで上演される。

今回THE CONVOY SHOWを主宰する今村ねずみさんと、昨年の『asiapan』に引き続き参加となる後藤健流さんに、今回の作品への意気込みを聞くことができた。大ベテランの今村さんが若手とどう向き合っているのか、そして後藤さんはどのように受け止めているのかなど、盛りだくさんの話を紹介する。

 

――vol.36となる『ONE!』はどのような内容の作品でしょうか?

 今村:クリスマスシーズンなので、それに色を添えた作品を作りました。出演者みんなが一つになって、あーでもないこーでもないと言いながら作品を作っていく、CONVOYのものづくりの現場が表れていると思います。

後藤:今の稽古場は、本当にすごいですよね。

――すごいというと、どのような感じなんですか?

今村:僕は自分で言うのもなんですけど、一方的に意見を言うのではなくきちんと対話をします。みんなと向き合って「このシーンの始まり、お前どうなのよ?」 とか。そういうふうに芝居を作っているよね。

後藤:そうですね。ちゃんと意見を聞いて下さいます。

――今村さんに「どうなのよ?」と聞かれたら、ちょっと緊張しますね。

後藤:まさにそうです。きちんと答えられないと、「ダメだな……」って落ち込みますね。

今村:お前、落ち込んでるの?

後藤:落ち込む時もありますよ!(笑) 本当は稽古の時までにやってこなければいけないことなので、「準備ができていなかったな」と改めて思い知らされます。自分で作ってきてから稽古に臨むものなんだと、ねずみさんに教えていただきましたね。

the convoy show「one!」

――後藤さんはこのようにおっしゃっていますが、今村さんはどう思われますか?

 今村:僕の頭の中で動き出したこと、「僕はこっちに行きたいんだよ」ということは彼らにきちんと伝えます。でもそれを理解して、どうやってその方向へ行くのかは、役者自身が探していかなければいけないんですよ。僕が言うとおりにやったらその通りになっちゃうから、それぞれが道筋をつけたほうが自然にできるようになると思うので。

後藤:よく「真似るな」って言われます。

今村:それを全員でずっとセッションをしているだけなんです。だから彼らが若手とかって感じはないですね。健流も踊り、歌、芝居に関してすごくできますよ。僕が若い頃はこんなにできなかったし、例えば僕が彼から振り付けを受ける立場なら、素直に分からないことは彼に聞くし、彼は教えてくれるし。

僕がずっとCONVOYをやっているからえらいということではなく、まわりの人にどんどん聞くことができる自分がいたほうが得ですよね。年齢とか関係ないですよ。若くてもすごい奴はすごいから。でもCONVOYって、みんなで作品を作っていくから、自分が気負けしたらダメなんだよな?できなくてもな?

後藤:はい、そうです。だから僕は楽しんでいます。それこそ「うわー、きた!うおっしゃー!」みたいな感じで。

――後藤さんは昨年初めてTHE CONVOY SHOWに出演することになり、「あのTHE CONVOY SHOWに出るんだ」といろいろ思うところがあったと思うのですが……?

今村:こいつ、THE CONVOY SHOW見たことないんだもん。

――えーー!

今村:えー! でしょ? 昨年入ったほとんどのメンバー、CONVOYのことを知らないんですよ。

――本当にTHE CONVOY SHOWを見たことがなかったんですか?

後藤:僕、見たことなかったです!!(笑)

今村:僕は、ダンスをやっていた彼のお父さんとお母さんのことは知ってるんですよ。一緒に仕事をしたことはないけど、そのぐらいの年代でダンスをやっている人って、当時はそんなにいなかったですからね。

僕は健流が出演していた舞台を観に行って、失礼な言い方だけどメインの役ではなかった。だけど、きっちりやっている姿を見て、一番彼のことが気になった。そこで「誰だ?あいつ」となった時に「後藤さんの息子だよ」と言われて、「え、嘘だろ?」と。思わず僕は「奴は舞台を分かってる」って言ったんですよ。

後藤:(爆笑)。僕はCONVOYを見たことがなかったですけど、ものすごく歌って踊って芝居をするエンターテインメント集団があるということで、名前は知っていました。

今村:じゃあ、なぜ来ない!(笑)

後藤:オーディションがあると聞きつけ、受けさせていただいて、『asiapan』から参加しましたが、今回も初参加の気持ちです。『ONE!』は初演で、何も分からない状況ですから、食らいついていかなければ……という思いです。

――いつ今村さんに「どうなんだ?」と言われても返せるように、ということですね。

後藤:まさにそうです! ドキドキしながら稽古に臨んでいます。

今村:嘘つけ!(笑) 今回、こいつのためのシーンを書いたんですけど、健流は1週間の本読みに来ることができなかったから、そのシーンをカットしたんですよ。でも悔しいのは、あとから稽古に入ってきて振り付けを受けたのに、一番できるってどういうことなの?って。

後藤:やれることはやらなければ、と思って!(笑)

――昨年若手が加わって、何か変化はありましたか?

今村:彼らはプロとしてやってきているから、僕たちとはちょっと違う今の時代の風を感じることはありますね。特に健流は弱音を吐かないし、「ノー!」って言わない奴なんですよ。「この振り付けでできるか?」っていったら「大丈夫ですよ」みたいな。

後藤:そんな生意気な言い方しないですよー(笑)。

今村:そしてものづくりに関して、すごいポジティブですよね。疲れたとか絶対に言わないし。自分たちもそうだったけど、今回CONVOYに来たメンバーはもっとそういうところがあります。

そういう彼らを見て、自分たちが若い頃、がむしゃらだった姿が重なります。改めて襟を正してくれるじゃないけど、お客さんを喜ばせるために大変な時間があって、それを乗り越えていかないと絶対に楽しいものはできないと、彼らから吸収しているところはありますよ。

the convoy show「one!」

――そこは大きく変化したところですね。

今村:でも誰が入ってもTHE CONVOY SHOWの「全員が主役で脇役」というスタイルを変える気はない。そこは彼らにも言ったけどね。だから誰がセンターにいてもいいんだよと。健流が踊りで真ん中でもいいし。ただ時々ムッとしますよね。なんで僕が3列目の端っこで踊ってなきゃいけないんだって。

後藤:(爆笑)。

今村:もっと気を遣って盛り上げろよって言いたくなるけど(笑)。

後藤:めっちゃ面白いですよ。ねずみさんが「お前行けよ」ってセンターを決める時があるんですが、言われたら僕もセンターへ行くじゃないですか。そうすると「なんで俺が一番端なんだよ!」って。

the convoy show「one!」

今村:僕も人間が小さいなって思いますよ(笑)。

後藤:もちろん全部冗談ですよ。でも現場でそういう空気感を作ってくれるのがすごく楽しいです。だから本当に稽古場が面白いです。今回TBS赤坂ACTシアターでセンタ―をやれるシーンがあるというのは、やっぱりうれしいし、緊張するし、気合が入ります。でも僕は11人のワンラインで立っているだけで震えます。センターはセンターでうれしいけど、どの位置にいても「俺たちを見てくれ!」という感覚が常にありますね。

the convoy show「one!」

――今回の作品、ズバリ見どころはどこですか?

今村:プレゼントを届けるというのは、クリスマスの定番じゃないですか。プレゼントを届ける自分たちの姿を見てもらいたいですね。あとはいつもよりもダンスナンバー、歌ナンバーが多いので、自分がミュージカルを作ったらこうなるのかなという感じはあります。今までとやっていることは変わらないけど、半端じゃないくらい多くなってしまいましたね。

後藤:ちょっと多め……じゃないですよね。

今村:踊りまくりで歌いまくり……。

後藤:芝居もあるからすごいですね。

――歌、ダンス、芝居でどれが一番難しいですか?

今村:芝居は、同じ世界観の中で生きるということの共通項を増やしていかなければいけないから、そこまでもっていくことが難しい。「お前はどういうふうにそこにいるの?」と絶えず問いかけ続けなければいけないので大変かもしれないです。今回は一つの会社の話がシチュエーションなので、「お前はその会社に何年前からいるの?」という台本に書かれていないことについて、セッションはずっとやっています。

――台本の裏側にあるものを深く掘り下げるんですね。

今村:こいつ、意外と裏を取ってこないんですよ。

後藤:字面だけなんです(笑)。

今村:そう! 字面。裏にあることを質問するとキョトンとするんですよ。みんなに「これってどうなのよ」って問いかけるとシーンとなるんです。でもそこでみんなが何かしらの言葉を出していったほうが、伝わっていくと思っている。

頭で話の内容を理解していても、キャラクターがきちんとできていないと、結局はセリフだけを覚える血の通わない舞台になってしまう。今回の舞台は、出演者の素養とか生き様が出ていると思いますよ。そうでなければ、全員が主役にならないですからね。

the convoy show「one!」

――THE CONVOY SHOWはどこまで続きますか?

今村:いや、分かんない。はっきり言うけど、いつやめようかなと考えることはある。

「そうじゃないんだよ、CONVOYって」と、語れるぐらいの奴が出てきたらいいなと思っているので、若手と一緒に作品を作って伝えていこうと思っているけれど、彼らと一緒に踊ってみっともない自分になるのは嫌なんですよ。僕がやりたいのはエンターテインメントショーだから、芝居だけ出るというのも違う。彼らと一緒に踊りたいので、「歳だから踊りはいいわ」となった時に、CONVOYはやめます。

――そこは今村さんの美学ですね。

今村:そうですね。実は『星屑バンプ』をやった時に、3人の小学生から手紙がきたんですよ。鉛筆で「今村さん、歳をとってもやめないでください」って書いてあって。今回の『ONE!』の話にもかぶっているところがあるんだけど。

後藤:あー確かに! そういうシーンがあるんですよね。

今村:一つの手紙をきっかけに、みんなが動き出すという話ですからね。

――今のエピソード、ホロっときました。

今村:これでホロっとくるの? 今度の作品はこんなもんじゃないですよ。手紙をくれた子たちに自分は何を届けられるのかなということで、たまたまクリスマスシーズンだから、自分たちがどうやってサンタクロースになればいいのかという話を書いたんですよ。

――最後にファンの皆さんに一言お願いいたします。

今村:この作品はクリスマスにもってこいなので、また違った11人のTHE CONVOY SHOWを絶対にお届けしたいと思うので、劇場でお会いできるのを楽しみにしております。

後藤:一つのお芝居の中で、歌って踊ってショータイムがあるこの作品をぜひ楽しみにしていてもらいたいです。僕は『ONE!』がすごく好きなので、何回でも見てもらいたいです。

the convoy show「one!」

時に厳しくツッコミをする今村さんだが、後藤さんら若手に対する愛情がひしひしと伝わってくるインタビューだった。今村さんが語るたびに、隣で明るく笑う後藤さんからもそのことが伺えた。歌いまくり踊りまくる『ONE!』がどんなエンターテインメントショーになっているのか、ぜひ劇場で堪能したい。

取材・文:吉永 麻桔
撮影:冨田 味我

公演名:ロート製薬 presents THE CONVOY SHOW vol.36『ONE!』

作・構成・演出:今村ねずみ

出演:瀬下尚人 石坂 勇 舘形比呂一 黒須洋壬 トクナガクニハル / 後藤健流 佐久間雄生
本田礼生 伊藤壮太郎 加藤良輔 / 今村ねずみ

公演日程:2018年12月14日(金)~12月17日(月)

会場:TBS 赤坂ACTシアター

料金:前売り券 9,800円(全席指定)※未就学児入場不可

各種プレイガイド情報

チケットぴあ
0570-02-9999(P コード498-723)
http://w.pia.jp/t/theconvoyshow-one/

ローソンチケット
0570-084-003(Lコード 36665)
http://l-tike.com/convoy-s/

e+(イープラス)
http://eplus.jp/convoy/

ACTオンラインチケット
http://www.tbs-act.com/

CNプレイガイド
0570-08-9999(10:00〜18:00)

公演、チケットに関する問い合わせ先
ディスクガレージ
050-5533-0888
(平日12:00-19:00)